【パリモーターショー14】オペル、新世代ディーゼル初公開…インシグニア と ザフィーラ に搭載

自動車 ニューモデル 新型車

オペル・インシグニア
  • オペル・インシグニア
  • オペル・ザフィーラ
  • オペルの2.0CDTIエンジン
米国の自動車最大手、GMの欧州部門、オペルは9月10日、フランスで10月に開催されるパリモーターショー14において、新世代のディーゼルエンジンを初公開すると発表した。

このディーゼルエンジンは、「2.0CDTI」と呼ばれるユニット。2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルは、最大出力170hp、最大トルク40.8kgmを引き出す。最大トルクは、1750-2500rpmの領域で引き出される特性。

現行の2.0CDTIの最大出力は163hp。新世代の2.0CDTIは、現行比で7hp、率にして5%のパワーアップを果たす。また、最大トルクは14%向上。排出ガス性能は、欧州の最新基準のユーロ6に適合する。

また、燃費やCO2排出量などの環境性能も向上。NVH性能の引き上げも図られている。なお、この新エンジンは、『インシグニア』と『ザフィーラ』に最初に搭載される予定。

オペルの車両技術担当、Michael Ableson副社長は、「この洗練されたエンジンは、オペルのトップモデルのインシグニアとザフィーラにとって、最高のパートナー」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集