【ジュネーブモーターショー17】オペル インシグニア次期型、初公開へ

自動車 ニューモデル モーターショー
オペル インシグニア次期型の開発プロトタイプ車
  • オペル インシグニア次期型の開発プロトタイプ車
  • オペル インシグニア次期型の開発プロトタイプ車
  • オペル インシグニア次期型の開発プロトタイプ車
  • オペル インシグニア次期型の開発プロトタイプ車
米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルグループは2017年3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー17において、次期『インシグニア』を初公開すると発表した。

現行の初代インシグニアは2008年7月、ロンドンモーターショー08でデビュー。『ベクトラ』の後継に当たるミッドサイズクラス車で、ボディは4ドアセダン、5ドアセダン、ステーションワゴンの3種類を設定する。

2013年9月、オペルはフランクフルトモーターショー13において、改良新型インシグニアを初公開。デビュー以来、初の大幅改良では、フロントを中心にフェイスリフト。グリル、ヘッドライト、バンパーのデザインを一新し、大きくイメージを変えた。リア周りでは、テールランプとバンパーが新しい。

今回オペルは、2017年3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー17において、次期インシグニアをワールドプレミアすると発表。同時に、現在開発の最終段階にある次期型のプロトタイプ車の姿を公開した。

公開されたプロトタイプ車は、次期型の5ドアモデルで、オペルによると、『インシグニア グランドスポーツ』を名乗るという。新世代の車台を採用し、車両重量は現行比で、最大175kg軽量化される。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース