東京モノレール、HKT48×50周年の記念切符発売

鉄道 企業動向
東京モノレールが9月17日から発売する記念切符。HKT48メンバーがデザインされている。
  • 東京モノレールが9月17日から発売する記念切符。HKT48メンバーがデザインされている。
  • 東京モノレールは9月17日に開業50周年を迎える。写真は開業時の塗装を復刻した1000形1019号編成。
  • 今年7月には17年ぶりの新型車両となる10000形が営業運転を開始した。
東京モノレールは開業50周年を迎える9月17日から、「『HKT48モノレール派宣言!』東京モノレール開業50周年記念乗車券・入場券」を発売する。

モノレール浜松町・天王洲アイル・羽田空港国際線ビル・羽田空港第1ビル・羽田空港第2ビル各駅の入場券と、モノレール浜松町~天王洲アイル間の乗車券、台紙がセットになった記念切符。券面や台紙には、アイドルグループ「HKT48」メンバーの写真や、東京モノレールの開業から現在まで運用されてきた歴代の車両の写真がデザインされる。

切符の有効期限は2015年3月31日で、発売額は1000円。9月17日11時から28日まで、モノレール浜松町駅の定期券売場と羽田空港第2ビル駅北口改札で発売する。ただし3000セットの限定発売となるため、予定数を完売次第、発売を終了する。

HKT48は九州の福岡市を拠点に活動しているアイドルグループ。今年3月から「HKT48モノレール派宣言」と題し、東京モノレールが広告宣伝などを展開している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集