【VW ポロ 試乗】新しくなったエンジンも軽快さを維持…諸星陽一

試乗記 輸入車

【VW ポロ 試乗】新しくなったエンジンも軽快さを維持…諸星陽一
  • 【VW ポロ 試乗】新しくなったエンジンも軽快さを維持…諸星陽一
  • 【VW ポロ 試乗】新しくなったエンジンも軽快さを維持…諸星陽一
  • VW・ポロ
  • 【VW ポロ 試乗】新しくなったエンジンも軽快さを維持…諸星陽一
  • 【VW ポロ 試乗】新しくなったエンジンも軽快さを維持…諸星陽一
  • 【VW ポロ 試乗】新しくなったエンジンも軽快さを維持…諸星陽一
フォルクスワーゲンの『ポロ』がビッグマイナーチェンジを受け、エンジンを変更、安全装備を充実した。

新しいポロには後方排気方式の1.2リットルエンジンが搭載された。このエンジン搭載に伴って、アイドリングストップも採用し燃費を向上。ミリ波レーダーによるプリクラッシュセーフティも標準装着となった。グレードは2種で、上級となるアップグレードパッケージにはACC(アダプティブ・クルーズコントロール=追従機能付きクルーズコントロール)なども装備される。

新たに採用された後方排気方式の1.2リットルエンジンは90馬力のスペックを持ち、必要にして十分なパワーを誇る。組み合わされるミッションはもちろん7速のDSG。加速感は軽快で、ミッションのつながりもいい。ストレスなく加減速ができるDSGはロボATよりも数倍、いや数十倍、数百倍は気持ちいい。

ハンドリングも洗練されている。じつは今回のポロは、空気圧の指定がおもしろい。2名乗車の場合は、通常の空気圧とコンフォート用の空気圧が指定されているのだ。基本の試乗は通常空気圧で行った。この状態だとハンドリングは切れ味のいいシャープなもの。ステアリングを切った瞬間からクルマがグングン曲がっていく。

コンフォート向きの空気圧にして乗ると、ステアリングの手応えが少し粘っこく感じるようになる。ハンドリングに関しても遅れが出る。しかしながら、通常空気圧のときに感じた段差での突き上げは取り除かれている。長距離を移動する際は空気圧をコンフォート指定するというのもひとつの手だろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★


諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集