【白馬EV・PHVワンダーランド14】夏のスキーリゾートにEVが大挙集結

エコカー EV
白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
  • 白馬EV・PHVワンダーランド
9月6日、長野県白馬村において白馬EV・PHVワンダーランド14が開幕した。主催は日本EVクラブ。2日間の会期の本イベント、初日の6日にはHAKUBA47をゴールとして参加者らがEV/PHEVが集うラリーが開催された。

HAKUBA47では、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、BMW、スマートといったブランドがブースを設け、試乗車や技術解説などを展示。このほか、地元の白馬村観光協会、NEXCO中日本などが展示スペースを構えた。

主催者である日本EVクラブの舘内端氏は「残念ながら(ピュアEV集結508台の)ギネス達成はならなかったが、10年くらいやっていれば達成できるかなと思う。それよりも、EV/PHVで参加車の皆様がここまでやって来られたということが重要であり、それをアピールすることがEVの普及に繋がることだと思っている」とイベントの意義を述べた。

参加車両は日産『リーフ』や三菱『アウトランダーPHEV』『i-MiEV』が多く目についたが発売されたばかりのBMW『i3』の姿も。イベントでは、EV/PHVの試乗会に多数の来場者が試乗し、EVレーシングカーのデモランや夜におこなわれたバーベキューパーティも大いに盛り上がった。

7日は白馬駅周辺でEV/PHVのパレードランやトークショー、HAKUBA47では引き続きEV/PHV試乗会がおこなわれる。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集