JR広島駅の新こ線橋、11月2日から使用開始

  • 広島市道路交通局と都市再生機構西日本支社、JR西日本広島支社の3者は9月5日、広島駅構内の新こ線橋を11月2日初発から使用すると発表した。
鉄道 企業動向
広島駅の新こ線橋のイメージ。11月2日から使用を開始する。
  • 広島駅の新こ線橋のイメージ。11月2日から使用を開始する。
  • 広島駅改良工事計画の平面図。今後は現在のこ線橋を撤去して自由通路の工事を進める。
広島市道路交通局と都市再生機構西日本支社、JR西日本広島支社の3者は9月5日、広島駅構内の新こ線橋を11月2日初発から使用すると発表した。

広島駅では2012年から、駅施設の橋上化や自由通路の整備などを含む改良工事が着工。このほど在来線の各ホームを連絡する新しいこ線橋の工事がほぼ完了し、11月2日から使用を開始することになった。

これに伴い新幹線口2階とアッセ駅ビル3階、1番線ホームの改札口が移動する。今後は現在のこ線橋の撤去工事を行って自由通路の整備を本格化させ、2017年度末の完成を目指す。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集