『成田エクスプレス』富士急線直通が好調…運行期間も延長

鉄道 企業動向

総武本線を走る『NEX』。このほど富士急行線への直通期間が11月30日まで延長された。
  • 総武本線を走る『NEX』。このほど富士急行線への直通期間が11月30日まで延長された。
  • 富士急行線の終点・河口湖駅に到着した直後の『NEX』。富士急行線内における外国人観光客の割合は約3割という。
  • JR車両による富士急行線への直通運転は旧国鉄時代から行われている。写真は富士急行線を走るJR東日本の115系電車。
富士急行は9月5日、特急『成田エクスプレス(NEX)』の富士急行線河口湖駅(山梨県富士河口湖町)までの直通運転について、直通期間を11月30日まで延長すると発表した。

『NEX』は首都圏各地と成田空港を結ぶ、JR東日本の空港アクセス特急。通常は大船・横浜・高尾・大宮・池袋・新宿・品川~成田空港間で運転されている。JR東日本と富士急行は7月26日から、訪日外国人観光客の誘致策として『NEX10・41号』の運転区間を富士山麓の富士急行線まで拡大。河口湖~成田空港間で直通運転を行っている。

富士急行によると、『NEX』の富士急行線直通運転は当初、7月26日から9月28日までの土曜・休日に実施する予定だったが、乗客数が当初の予想を大きく上回っており、運行開始からの乗客数は3000人に達していることから、直通期間の延長を決めた。訪日外国人客が7月に過去最高の127万人を記録した影響もあり、『NEX』の富士急行線内(大月~河口湖)における外国人観光客の割合は約3割に及んでいるという。

延長期間の運転日は10月4日から11月30日までの土曜・休日。直通運転を行うのは現在と同じ『NEX10・41号』で、河口湖駅と成田空港駅の発着時刻も変更しない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集