【成都モーターショー14】新型日産 スカイライン の海外版、インフィニティ Q50…中国専用のロングボディ

自動車 ニューモデル 新型車
インフィニティQ50L
  • インフィニティQ50L
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは8月20日、『Q50L』の概要を明らかにした。実車は8月29日、中国で開幕する成都モーターショー14で初公開される。

Q50Lは、インフィニティ『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)をベースに開発された中国専用のロングホイールベース車。中国では、競合車のアウディ『A4』、BMW『3シリーズ』、メルセデスベンツ『Cクラス』、ボルボ『S60』などが、中国専用のロングホイールベース仕様を用意。インフィニティもこの流れに沿って、Q50Lを設定した。

Q50Lの全長は4852mm、ホイールベースは2898mm。日本向けの新型スカイラインの全長4790mm、ホイールベース2850mmに対して、全長は62mm、ホイールベースは48mm延長された。これにより、後席乗員の足元空間のゆとりが拡大している。

エンジンは、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボの1種類のみ。最大出力は208hp、最大トルクは32.6kgmを引き出す。トランスミッションは、マニュアルモード付きの7速ATを組み合わせた。

インフィニティQ50Lは、成都モーターショー14で初公開された後、2014年11月、中国市場で発売される予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集