【ランボルギーニ ウラカン 日本発表】「ハイブリッドシャシー」で軽量化と剛性向上

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
  • ランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニ『ウラカン』の最も特徴的なもののひとつに、ハイブリッドシャシーが挙げられる。

そう話すのは、アウトモビリ・ランボルギーニアジアパシフィックの白井智幸さん。「フレームがアルミニウムとカーボンのハイブリッドなので、軽くすることと同時に、剛性も高くなった」と述べる。

具体的には、ガヤルドに対し10%軽量化し、ねじれ剛性は50%向上。シャシー本体では、200kgに満たないという。白井さんは、「もともとガヤルドでも剛性は高かったが、エンジンや足回りの性能も上がったと同時に、競合車の性能も上がり、スポーツカーに対する要求が高くなっているので、より剛性を高くし、走りに磨きをかけたのだ」と話す。

走りの部分では、乗りやすさと同時に、サーキットなどでの速さも向上したという。「つまり、スピードが速くなり、加速性能が向上し、ブレーキの制動距離が短くなっている。もちろんコーナリング性能も当然上がっているので、クルマの守備範囲が、ガヤルドと比較し、よりワイドになっているのだ」と述べ、ハイブリッドシャシーがその両方に貢献していることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース