奈良の五新線バス専用道、9月30日限りで閉鎖へ

鉄道 行政
「幻の五新鉄道」こと阪本線の路盤を活用したバス専用道が9月30日限りで閉鎖されることになった。写真は専用道を走る奈良交通のバス。
  • 「幻の五新鉄道」こと阪本線の路盤を活用したバス専用道が9月30日限りで閉鎖されることになった。写真は専用道を走る奈良交通のバス。
  • 阪本線は単線の鉄道として路盤工事が進められたため、それを転用する形で整備されたバス専用道も1車線分の幅しかない。
  • バス専用道に転用された阪本線の敷地を走る奈良交通のバス。トンネルの状態が悪いことから専用道の閉鎖が決まった。
幻の鉄道として知られる奈良県の「五新鉄道」用地を活用したバス専用道が、9月30日限りで閉鎖されることになった。専用道経由の路線バスを運行している奈良交通は、昔ながらのボンネットバスで専用道を走破するツアーを企画。8月下旬に実施する。

いわゆる五新鉄道(五新線)は、和歌山線の五条駅(奈良県五條市)から奈良県南部の山岳地帯を縦断し、紀勢本線の新宮駅(和歌山県新宮市)までを結ぶ国鉄線として計画された。現在の五條市域となる五条~城戸~阪本間約22kmのみ「阪本線」として1936年に着工が決定。戦争による中断を経て、1959年までに吉野川橋りょうを除く五条~城戸間約12kmの路盤がほぼ完成した。

しかし、沿線が過疎地帯であることから赤字路線になることを危惧した国鉄は、完成した路盤をバス専用道に転用して国鉄バスを走らせ、路盤が阪本まで完成した時点で鉄道への再転換を図る暫定バス専用道化案を沿線自治体に提示。1965年から五条~城戸間を専用道経由で結ぶ国鉄バスの運行が始まった。その後、残る城戸~阪本間の路盤工事が進められたが、国鉄の経営悪化を受けて凍結。五条~城戸間も鉄道への転換が図られないまま現在に至っている。

専用道を走る国鉄バスは1987年の分割民営化に伴いJR西日本が引き継ぎ、1988年からは同社子会社の西日本ジェイアールバスの運営に。しかし、並行する国道の改良により所要時間の差がなくなったことや、過疎化に伴う利用者の減少を受けて撤退することになり、2002年10月1日からは地元バス会社の奈良交通が運行を引き継いだ。その後も利用者の減少による減便があり、現在は平日5往復、土曜・休日1往復のみの運行となっている。

専用道を管理している五條市によると、専用道内で最も新しい衣笠トンネルの状態が悪いことから、9月30日限りで専用道を閉鎖することにしたという。現在運行されている専用道経由のバスは、並行する国道168号を走行するルートに変更される模様だ。

ボンネットバスツアーは8月23~28日に実施。1966年製いすゞBXD30型を使用し、五條バスセンター・JR五条駅南口から城戸まで専用道を往復する。五條バスセンターの出発時刻は1便目が10時20分、2便目が13時20分で、全体の所要時間は約2時間になる。旅行代金は大人2000円・子供1000円。申込みは奈良交通のウェブサイトで受け付けている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 南海も「幻の五新鉄道」ツアーを企画 画像 南海も「幻の五新鉄道」ツアーを企画
  • 近鉄、「幻の五新鉄道ハイキングツアー」を開催 画像 近鉄、「幻の五新鉄道ハイキングツアー」を開催
  • 新潟BRT、シンボルカラーは朱色…トータルデザインを発表 画像 新潟BRT、シンボルカラーは朱色…トータルデザインを発表
  • 気仙沼線BRT、専用道の「効果」は?…所定時刻と実際の運行時刻の差 画像 気仙沼線BRT、専用道の「効果」は?…所定時刻と実際の運行時刻の差
  • 気仙沼線BRTダイヤ改正で所要時間短縮…専用道が倍増 画像 気仙沼線BRTダイヤ改正で所要時間短縮…専用道が倍増

特集