VW ザ・ビートル に 544psのラリークロスレーサー…シェイクダウン完了[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
フォルクスワーゲン ザ・ビートルのGRCレースカー
  • フォルクスワーゲン ザ・ビートルのGRCレースカー
フォルクスワーゲンが6月下旬、米国で発表した『ザ・ビートル』の「GRCレースカー」。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

GRCとは、グローバル・ラリー・クロスの略。米国を中心に海外でも開催されている「レッドブル・グローバル・ラリークロス」選手権を意味する。

フォルクスワーゲンとアンドレッティ・オートスポーツが共同運営する「フォルクスワーゲン・アンドレッティ・ラリークロス・チーム」は現在、レッドブル・グローバル・ラリークロス選手権に『ポロ』で参戦中。今シーズンの後半に投入されるのが、ザ・ビートルのGRCレースカー。ドライバーには、ターナー・ホースト選手とスコット・スピード選手を起用。

直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」は、専用インタークーラーなどのフルチューンにより、最大出力544psを獲得。トランスミッションは6速シーケンシャル。駆動方式は4WD。大径ブレーキやZF製のダンパーなどで、足回りは強化。0-96km/加速は、わずか1.9秒。

外観はザ・ビートルに対して、ワイドフェンダーや大型リアウィングが装備され、迫力アップ。17インチのホイールには、ヨコハマ製の240/640R17サイズの競技用タイヤを組み合わせた。

フォルクスワーゲンは7月9日、ザ・ビートルのGRCレースカーの映像を、公式サイトを通じて配信。両選手によるシェイクダウンテストや、「ラリークロス・ワシントン」での正式カラーリングマシン初公開の様子などを伝えている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集