【スーパーフォーミュラ第3戦】20歳の平川と23歳の国本が表彰台獲得…王座争いも混戦に

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

20歳の平川(左)と23歳の国本(右)が今回2~3位。優勝した29歳・中嶋一貴(中央)が現在の選手権ポイントリーダー。
  • 20歳の平川(左)と23歳の国本(右)が今回2~3位。優勝した29歳・中嶋一貴(中央)が現在の選手権ポイントリーダー。
  • 今回のトップ3車両は終盤、レインタイヤを履いた。
  • 2位に入った平川のマシン。写真:TOYOTA(予選日)
  • 予選でのパフォーマンスアップが平川の当面の課題だろう。写真:TOYOTA(予選日)
  • 3位に入った国本のマシン。写真:TOYOTA(予選日)
  • 国本は若手ながら、昨年の富士スプリントカップでSF初優勝を経験済みの実力者。写真:TOYOTA(予選日)
  • 今季が初のフル参戦となるロシターも、王座戦線に顔を出している。写真:TOYOTA(予選日)
  • 不運なリタイアが痛かったオリベイラ。選手権ポイント争いでは5位に後退した。写真:TOYOTA(予選日)
13日に決勝レースが実施された全日本選手権スーパーフォーミュラ(SF)第3戦。2位に20歳の平川亮、3位に23歳の国本雄資が入るなど若手の台頭もあり、チャンピオン争いは11点差に8人の混戦状態になってきている。

参戦2年目、初の表彰台獲得を果たした平川は、F3時代から大器の呼び声も高かった存在。そんな彼だけに、勝機もあったレースでの2位には「悔しいです」が第一声だった。「雨はチャンスだと思いました」。

レインタイヤに交換後、53周終了時点ではトップに立ったが、54周目の「1コーナーのブレーキングでタイヤがロック、オーバーランしてしまいました。勝てた(可能性もあった)レースなので悔しいです」。ただ、これは「(勝利に向かって)チャレンジした結果でもあるので、次に活かしていきたいと思います」。今度は雨(展開)の助けなく表彰台獲得、そして勝利を狙いたいところだ。

3位の国本は昨年、シリーズ外の富士スプリントカップでSF初優勝を経験しているだけに、やはり展開も味方しての3位では満足いかないところもあるだろう。「とてもタフなレースでした。(ドライでは)タイヤがタレてきた時のペースが良くなくて、ポイントを獲る(8位)ことができたらラッキーかな、くらいの感じでした」。やはり平川同様、レース内容に満足してはいない様子。それでも「(終盤は雨で)かなり危険な状態だったなか、なんとか走りきって3位になれたことは良かったと思っています」と、これまた一定の成果は感じつつ、国本もさらに上の内容、順位を目指す決意だろう。今回富士の表彰台に上がった若手ふたりには、今後の大きな飛躍を期待したい。

今回は選手権ポイント首位だったロイック・デュバルが欠場。デュバルに僅差だったアンドレ・ロッテラーが6位、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがリタイアに終わっており、さらには若手の台頭もあるなどした結果、チャンピオン争いは11点差に8人がひしめく混戦状態になった。

中嶋一貴/20点
A.ロッテラー/16.5点
L.デュバル/15.5点
平川亮/13.5点
J-P.デ・オリベイラ/12点
石浦宏明/11点
J.ロシター/10.5点
国本雄資/9点

SFでは、原則としてポール+優勝で11点獲得できる。シーズン中盤~後半の王座争いが一層楽しみな状況になってきたと言えるだろう。

次のツインリンクもてぎ戦は8月23~24日の開催だ。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集