叡山電鉄、次は「ハナヤマタ」とコラボ…7月10日からヘッドマーク掲出

鉄道 企業動向

京都市の叡山電鉄は7月9日、浜弓場双さん原作の漫画「ハナヤマタ」のヘッドマーク車両を運転すると発表した。同社と漫画誌「まんがタイムきらら」(芳文社)の共同企画。700系の722・724号をヘッドマーク車両とし、各車両の両端にヘッドマークを掲出する。

722号は鞍馬・八瀬比叡山口方に、「ハナヤマタ」主人公の「関谷なる」を描いたヘッドマークを掲出。724号の鞍馬・八瀬比叡山口方ヘッドマークは「関谷なる」と「ハナ・N・フォンテーンスタンド」の二人が描かれる。出町柳方のヘッドマークは722・724号とも主要キャラクターが複数人描かれる。

また、コラボロゴの「叡山電車」の文字には「ハ・ナ・山(ヤマ)・田(タ)」の隠れ文字が仕込まれているという。

「ハナヤマタ」は、「まんがタイムきららフォワード」で連載中の漫画。14歳の女子中学生「関谷なる」が、「月夜の晩に出会った妖精のような異国の少女に導かれ『よさこい』という非日常の世界へと踏み出していく」物語だ。7月からはテレビアニメの放映も始まった。

ヘッドマーク車両の運転期間は7月10日から9月30日までの予定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集