ドコモ保有のタタ・テレサービス株式売却は未だ完了せず インド

NTTドコモはジョイントベンチャーのパートナーであるタタ・テレサービス(TTSL)との契約期限である6月末日を2日過ぎても、同社が26.5%保有する株式の売却が完了していないことをエコノミックタイムスが報じた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
NTTドコモはジョイントベンチャーのパートナーであるタタ・テレサービス(TTSL)との契約期限である6月末日を2日過ぎても、同社が26.5%保有する株式の売却が完了していないことをエコノミックタイムスが報じた。

ドコモは、TTSLが2014年3月期に所定の業績指標を達成できなかった場合、保有するTTSL株式を取得価格の50%か、公正価値のいずれか高い価格で売却できる買い手の仲介をタタ・グループの持ち株会社であるタタ・サンズに要求する権利を持っている。

しかしTTSLは赤字経営が続き資産もマイナスであることから、ドコモが期待する金額を回収するのは難しいとの見方も出ている。
編集部

編集部おすすめのニュース

  • インドの牛乳メーカー、貿易拡大のためオーストラリアに焦点 画像 インドの牛乳メーカー、貿易拡大のためオーストラリアに焦点
  • インドPSLVロケット、欧州地球観測衛星『SPOT 7』を打ち上げ 画像 インドPSLVロケット、欧州地球観測衛星『SPOT 7』を打ち上げ
  • インド国内、小規模州における教育水準がさらに上昇 画像 インド国内、小規模州における教育水準がさらに上昇
  • インド国内線が格安2000ルピーから…スパイスジェット、セールを延長 画像 インド国内線が格安2000ルピーから…スパイスジェット、セールを延長

特集