オーテック、デイズ ライダー と福祉車両の一部仕様を向上

自動車 ニューモデル 新型車

オーテック・デイズ ライダー ブラックライン
  • オーテック・デイズ ライダー ブラックライン
  • オーテック・デイズ アンシャンテ
オーテックジャパンは、日産『デイズ』の一部仕様向上に合わせ、カスタムカー「ライダー」や、ライフケアビークル(LV)「アンシャンテ」など、ラインナップの一部仕様を向上し、7月3日より販売を開始した。

今回の一部仕様向上では、ベース車と同様、「ライダー」、「ライフケアビークル(LV)」シリーズの一部グレードにバッテリーアシストシステムを採用し、燃費性能の向上を図った。また、加速性能を向上したほか、LVシリーズにおいて、ボディカラーに新たに3色を追加したほか、「J」、「S」、「X」ベースのモデルではアンテナをルーフアンテナに変更した。

また、「ライダー」をベースにさらに個性を強めた特別仕様車「ライダー ブラックライン」も新たに設定し、販売を開始。ダーククロムのフロントグリルやバックドアモールなどを採用したほか、専用LEDデイタイムランニングライトを標準装備しながら、価格はライダーと同額とした。

価格はライダーおよびライダーブラックラインが141万6960円から177万4440円。アンシャンテ助手席スライドアップシート147万0960円から201万7440円、アンシャンテ助手席回転シートが118万4760円から155万5200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集