【スバル レヴォーグ 1.6GT-S 試乗】 バランスのいいエンジンと引き締まった足まわり…諸星陽一

試乗記 国産車

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight
  • スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight
『レヴォーグ』のなかでも売れ筋となっているのが1.6リットルエンジンを積み18インチタイヤを履くGT-S。

ターボによる過給で1.6リットルの排気量ながら170馬力を発生するエンジンは、ピックアップもよく扱いやすい。1.6リットル用のSIドライブはインテリジェントモードとスポーツモードの2モードタイプ。インテリジェントモードは燃費を重視したモードだが、決してドライバビリティが劣るわけではなく、スッキリとした走りができる。スポーツモードを選ぶとさらにエンジンのピックアップは上がり、そのフィーリングはかなりスポーティなものとなる。

1.6リットルモデルの駆動方式はアクティブトルクスプリットAWDで、基本的にいつでも全輪に駆動が伝わっているが、必要に応じて駆動力配分を調整しているので、4WDを意識することはない。Sモデルはダンパーがビルシュタインとなり、18インチタイヤと合わせて機敏なハンドリングを実現している。

しかし、この機敏な動きがちょっと不快さを出す部分がある。それはアイサイト(EyeSight)のアクティブレーンキープを働かせているとき。アクティブレーンキープは、ステレオカメラで道路に引かれている車線を読み取り、ステアリング操作をアシスト、車線逸脱を防止する機構だが、ビルシュタイン+18インチタイヤの組み合わせだと、車線を戻そうと動く際にも機敏な動きを示してしまう。

微小舵角で反応のいいタイヤとダンパーはハンドリングを楽しむうえではいいのだが、車線をキープするための修正舵ではレスポンスがよすぎる。実際17インチタイヤ+ノーマルショックだと動きに適度なユルさがあって、巡航時の動きが自然。ここは要検討部分だと感じた。

パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★


諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集