売るから買うまで、バイク王初のワンストップ・サービス

モーターサイクル 企業動向

「バイク王ダイレクトショップ福岡店」がリニューアル・オープンし、売るから買うまでがワンストップになった
  • 「バイク王ダイレクトショップ福岡店」がリニューアル・オープンし、売るから買うまでがワンストップになった
バイク王&カンパニー(石川秋彦社長)は27日、九州地区で、買取から小売までの機能をひとつにまとめた大型拠点を完成させた。

同社は、バイク買取専門店「バイク王」と中古販売の「バイク王ダイレクトSHOP」、それらの流通を担う物流センターを展開する。

この3つの機能を福岡空港と福岡市内を結ぶ県道551号線沿いの糟屋郡志免町の約1500平方メートルの土地に集約し、九州全域で買い取った車両の流通から小売までのすべてを担うワンストップ・サービスとした。

通りに面した「バイク王ダイレクトSHOP福岡店」(同郡志免町別府北 2-1-16 )は、従来の約2倍の600平方メートルに拡大し、展示車両も増やした。

「今回、福岡において拠点を集約したことで、この地域における買取から売却までのスピードは速くなり、ダイレクトSHOPでは、質の高い車両をいち早くお客様に提供することができるようになります」(同社広報IRセクション)

買取専門店のバイク王は、ダイレクトSHOP後方に位置する物流センターの一角に設置されている。同社にとっては、持ち込まれた車両の整備にいち早く取り掛かることができ、拠点を結ぶ流通コストも削減できる。事業の効率化を図ることで、ダイレクトSHOPでの販売競争力も強化する。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集