ルノー メガーヌ R.S. に「275トロフィー-R」…ニュル市販FF車最速ラップ達成の瞬間[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
ルノーメガーヌ R.S. の275トロフィー-Rのニュル・タイムアタック
  • ルノーメガーヌ R.S. の275トロフィー-Rのニュル・タイムアタック
フランスの自動車大手、ルノーの高性能車部門、ルノースポールの最新作、『メガーヌR.S. 275トロフィー-R』。同車がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、市販FF車の最速ラップタイムを記録した際のオンボード映像が、公開されている。

メガーヌR.S. 275トロフィー-Rは、『メガーヌ』の高性能モデル、『メガーヌR.S.』をベースに、究極のパフォーマンスを追求した限定車。車名が意味する通り、エンジンをパワーアップ。これは主に、「Akrapovic」製のエグゾーストシステム装着の効果によるもの。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力を10ps上乗せし、275psを獲得。最大トルクは36.7kgmで、3000-5000rpmで発生し続ける特性とした。

足回りには、オーリンズ製のダンパーを採用。LSD付きの「カップシャシー」が標準となる。オプションでオーリンズ製の調整式「ロード&トラック」ダンパーも選択でき、ラリーマシンの『メガーヌN4』同様、サーキットなど、走行コースの特性に合わせた設定を可能にする。高性能タイヤのミシュラン「パイロット・スーパーカップ2」も用意。

5月15日、ルノースポールは、メガーヌR.S. 275トロフィー-Rをニュルブルクリンク北コースに持ち込み、タイムアタックを敢行。2011年、メガーヌR.S.で、当時のニュルブルクリンク市販FF車最速タイムの8分7秒97を叩き出したルノースポールのテストドライバー、ロラン・ウルゴン氏が担当した。

注目のラップタイムは、7分54秒36。フォルクスワーゲングループ傘下のセアトの新型『レオン・クプラ280』の7分58秒44を4秒以上短縮し、市販FF車のニュルブルクリンク最速ラップタイムを打ち立てた。新記録達成の瞬間は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集