マクラーレン P1 にサーキット専用車、車名は「P1 GTR」…最大出力は1000psの大台に

自動車 ニューモデル 新型車
マクラーレンP1 GTRの予告スケッチ
  • マクラーレンP1 GTRの予告スケッチ
英国のスーパーカーメーカー、マクラーレンオートモーティブのフラッグシップモデル、マクラーレン『P1』。同車に設定されるサーキット専用車に関して、一部情報が開示された。

これは6月13日、マクラーレンオートモーティブが明らかにしたもの。同社は、「P1のサーキット専用車の車名を、『P1 GTR』とする」と発表している。

マクラーレンP1 GTRは、マクラーレン『F1』をベースにしたレーシングカー、マクラーレン『F1 GTR』のデビュー20周年を祝うタイミングで登場する予定。マクラーレンF1 GTRは、1995年のルマン24時間耐久レースを制した伝説のレーシングカー。

また、マクラーレンは、P1 GTRのパワートレインについても、一部情報を明らかにした。市販版の P1では、ミッドシップに『MP4-12C 』と基本を共用する3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。P1専用チューニングが施され、最大出力737ps/7500rpm、最大トルク73.4kgm/4000rpmを引き出す。

さらにP1には、IPAS(インスタント・パワー・アシスト・システム)を採用。これはF1マシンの運動エネルギー回生システム、KERS(キネティック・エネルギーリカバリー・システム)のノウハウを反映したアイデアで、ハイブリッドの一種。エンジンに直結する形で、軽量なモーターをレイアウトした。

このモーターは、最大出力179ps、最大トルク26.5kgmを引き出す。エンジンとモーターを合せたトータル出力は、最大出力916ps、最大トルク91.8kgm。ステアリングホイールのスイッチを操作すれば、このモーターが加速時などに、エンジンのパワーをアシストする。

P1 GTRでは、トータル出力が1000psの大台に引き上げられる。また、価格は198万ポンド(約3億4000万円)と公表された。なお、マクラーレンはP1 GTRの予告スケッチを1点、公開している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース