【日産 e-NV200 発表】日産EVの“表情”示すインパネ

自動車 ニューモデル 新型車
日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
  • 日産・e-NV200
日産『e-NV200』のインストルメントパネルは、『NV200』をベースとしながらも、新たにEVとしてのアイデンティティを含めたデザインになった。

同社グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・ダイレクターの倉岡亨一さんは、「『リーフ』のセンタークラスターを使おうと思うと、NV200の中に入らなかったことから、新設計することになった」と話す。

なぜ、リーフのセンタークラスターを使う必要があったのか。その理由は、EVオペレーションを見せる必要があったからだ。つまり、「日産のEVはこういう操作をする、こういう表情をするということを、リーフは世の中に明示している。その考え方は、当然e-NV200でもきちんと踏襲する必要がある。そのためには、例えばナビなどは同じシステムを採用しなければならないので、インスト自体を新設計せざるを得なかったのだ」と説明。

また、特にセンタークラスターは、「リーフでインストから少し浮いたタブレット風にしているので、その雰囲気を再現している」と語った。
《内田俊一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース