【日産 スカイライン 200GT-t 発表】4気筒エンジンモデルに「GT」と名付けた理由

自動車 ニューモデル 新型車

日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン 200GT-t
  • 日産・スカイライン2000GT(S54B)
  • 日産・スカイライン2000GTR(PGC10)
  • 日産・スカイラインRSターボ(DR30JFT)
日産自動車は『スカイライン』に2リットル4気筒ターボモデルを追加し、6月5日より発売を開始した。価格は383万4000円から。

過去の系譜をさかのぼると、スカイラインに「GT」というグレード名が付けられたほとんどのモデルが6気筒であった。いうなれば、「GT」イコール6気筒というイメージだ。その始まりは2代目スカイラインに当時の『グロリア』用6気筒を搭載した2000GT(S54)からで、それ以降、歴代スカイラインのGTグレードは6気筒エンジンであった。

もう少し付け加えるならば、6代目スカイライン(R30)に追加された4気筒のFJ20DOHCエンジンを搭載したモデルはあえて「RS」とし、GTを名乗らなかったほどのこだわりだった。

しかし、新型スカイライン(V37)に追加された200GT-tは4気筒ターボモデルだ。日産商品企画本部日本商品企画部リージョナルプロダクトマネージャーの遠藤智実さんは、「新型スカイラインは、スポーティセダンにプラスして、プレミアムな方向を狙っている。つまり、“スポーツバリバリ”というよりも、グランツーリスモのように、快適性も狙っているのだ。そのことを表現するのにはGTという名が相応しいと考えた」と話す。

また、「このエンジンは確かに4気筒だが、性能はこれまでの6気筒エンジンと伍するところまで到達しているので、今回は気筒数へのこだわりよりも、プレミアムスポーツセダンというクルマの目指すキャラクターから、GTと名付けたのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集