VW ゴルフ に40周年記念車、「エディション」…欧州で市販モデルを発表

自動車 ニューモデル 新型車
フォルクスワーゲン ゴルフ・エディション
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・エディション
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・エディション
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・エディション
  • フォルクスワーゲン ゴルフ・エディション
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは5月30日、ドイツ・ライプツィヒで開幕したAMIモーターショー14において、『ゴルフ・エディション』の市販モデルを初公開した。

ゴルフ・エディションは2014年4月、北京モーターショー14にコンセプトカーとして出品。『ゴルフ』のデビュー40周年を祝うモデル。初代ゴルフは1974年5月に誕生。世界累計販売台数は3000万台を超えており、世界で最も成功した自動車のひとつ。

5月30日、ドイツ・ライプツィヒで開幕したAMIモーターショー14では、このゴルフ・エディションの市販モデルがワールドプレミア。北京モーターショー14のコンセプトカーが、一部装備内容を見直した上で、市販に移された。

市販版のゴルフ・エディションでは、デイタイムランニングライト付きのキセノンヘッドライトを標準化。「シンガポール」と呼ばれる17インチのアルミホイールは、光沢仕上げ。オプションで18インチも選択できる。リアとサイドのダークガラスも特徴。

室内は、アルカンターラ&レザーシートを装備。ステアリングホイールとシフトレバーは、レザー仕様。ブラックのルーフライニングと照明付きドアシルプレートも奢られる。プレミアムオーディオやアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットディテクションなど、快適&安全装備も充実させている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集