ランボルギーニの新型スーパーカー、ウラカン…レーシングカー開発へ

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ ウラカンLP610-4
  • ランボルギーニ ウラカンLP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが2014年3月、ジュネーブモーターショー14で初公開した『ウラカンLP610-4』。同車のレーシングカーが、開発されることが決定した。

これは、ランボルギーニが明らかにしたもの。「レーシングカーの『ウラカンLP610-4スーパートロフェオ』の開発を行う」と発表している。

「スーパートロフェオ」とは、ランボルギーニのワンメイクレースの名称。現在、「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」として、『ガヤルド』を使用したワンメイクレースが世界を舞台に開催されている。

ガヤルドは、すでに生産を終了しており、その後継車が、ウラカンLP610-4。そこでランボルギーニは、ウラカンLP610-4をベースにしたレーシングカーの開発に乗り出す。

ランボルギーニはウラカンLP610-4のスーパートロフェオについて、「欧州、アジア、北米の3か所で開催する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集