ダイハツ、マレーシアに新エンジン工場 投資額150億円

エマージング・マーケット 東南アジア

ダイハツ工業は28日、マレーシアにおいて新たなエンジン生産工場を建設すると発表した。

ダイハツが出資するプルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)とともに設立する新会社が新工場を運営する。ネグリセンビラン州セレンバンのセンダヤンテックバレーに設立する。投資額は約150億円。ダイハツが51%、プロドゥアが49%出資する。

会社名は未定で、今年の7月末の設立を予定している。自動車用エンジンの製造及び販売、エンジン生産設備の開発、設計、製造及び販売を行う。生産能力は年間14万基。2016年の稼働開始を見込んでいる。

ダイハツは海外事業の重要拠点であるマレーシアにおいて、国際競争の激化をにらみ現地事業の構造改革に取り組んでいる。2014年にはプロドゥアの車両生産新会社による新工場の稼働開始を予定しているが、車両のみならずオートマチック・トランス・ミッション、エンジンを含めダイハツ・グループ全体で構造改革を推進し、国際競争力向上のスピードアップを図る方針だ。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集