GM の大規模リコール、29件に…全世界で1500万台以上が対象

自動車 テクノロジー 安全

大規模なリコール(回収・無償修理)問題に揺れるGM。同社のリコールの最新状況がまとまった。

これは5月20日、GMが明らかにしたもの。同社は、「2014年になって、米国で29件のリコールを当局に届け出た」と公表している。

GMの大規模リコールは、2014年初頭に発覚。過去に販売されたGM車のイグニッションスイッチの不具合によるものだった。走行中、エンジンキーが勝手に戻り、エンジンが停止。この状態で事故を起こせば、エアバッグが作動しない。この不具合により、13名の乗員が死亡したとされる。

このリコールの後、GMは社内で不具合の洗い出しを徹底。その結果、2014年の現時点でのリコール件数は、29件に。現在、調査中の事例も含めると、さらにリコール件数は拡大する可能性がある。

また、これらのリコールは米国以外の全世界にも波及。29件のリコールの対象台数は、すでに全世界で1500万台を超えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集