KTM、ISDEアルゼンチン大会をサポート…レンタル用ISDE特別仕様車も用意

モーターサイクル 企業動向

KTM Webサイト
  • KTM Webサイト
KTMは、ISDE(インターナショナルシックスデイズエンデューロ)アルゼンチン大会にオフィシャルパートナーとして参加し、全ての参加エンデューロライダーをサポートすると発表した。

ISDEは、6日間にわたって1000キロ以上を走破する冒険に満ちた過酷なレースで、その歴史とともにエンデューロ競技の最高峰と位置づけられている。

KTMは、最新マシンのレンタルやサービスピットの提供、パーツサポート、技術レファレンスなどの手厚いサービスを提供して、世界最高の冒険に挑むライダーを支援する。

エントラントのために用意するマシンは、2015年エンデューロモデル「EXC-F(SIX DAYS特別仕様車)」で、今夏発表予定の2015年市販エンデューロモデルをベースにISDE参戦用の特別仕様車として仕上げる。このモデルは市販モデル同様、2ストローク、4ストロークの各シリーズを用意、体格やライディングスタイルにあったモデルを選ぶことが可能。

この特別マシンで参戦するためには、日本国内の正規ディーラーを通してレンタルすることが可能で、希望のモデルを指定してレース会場で受け取ることができる。費用は事前申し込みにより日本円で約32万円(2290ユーロ/2ストロークモデル)、約46万円(3290ユーロ/4ストロークモデル)。

また、実践に対応したスペアパーツサービスは、予め国内正規ディーラーを通じて申し込み・登録をしておくことで、その都度支払いをせずスムーズにスペアパーツを受け取ることが可能となる。レーシングサポートは、パーツサービスを発展させ、給油、油脂類・工具貸出、軽食・その他サービスなどを総合的に提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集