イタリア警察、ランボルギーニの新型スーパーカー ウラカン 導入…最高速325km/h

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ ウラカン LP610-4 のイタリア警察仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 のイタリア警察仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 のイタリア警察仕様
  • ランボルギーニ ウラカン LP610-4 のイタリア警察仕様
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは5月22日、『ウラカン LP610-4』がイタリア警察に、ポリスカーとして導入されたと発表した。

ウラカン LP610-4は、ジュネーブモーターショー14で初公開。ミッドシップには、新開発の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを引き出す。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「LDF」。駆動方式はフルタイム4WD。カーボンファイバーなどの軽量素材の採用により、車両重量は1422kgに抑えられ、0-100km加速3.2秒、最高速325km/hという世界屈指のパフォーマンスを実現する。

5月22日、ランボルギーニは、イタリア・ローマにおいて、イタリア警察にウラカン LP610-4を引き渡し。これは、ランボルギーニが寄贈した1台で、同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOから、ブルー&ホワイトのイタリア警察カラーに塗装されたウラカン LP610-4のキーが手渡された。

イタリア警察がランボルギーニをポリスカーとして導入するのは、2004-2008年の『ガヤルド』以来、6年ぶり。イタリア警察に配備されるウラカン LP610-4は、年内から本格的に稼働し、主に交通事故や犯罪防止を目的に、パトロール任務に当たる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集