ポルシェ ジャパン、空冷用モーターオイルを発売

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェ ジャパンは、ポルシェAGのクラシック車両専門部門であるポルシェ クラシックで開発された「ポルシェ クラシックモーターオイル」の販売を5月28日より開始する。

ポルシェ クラシックモーターオイルは、ポルシェ クラシックと、ヴァイザッハのポルシェR&Dセンターおよびドイツのオイルメーカーが共同開発。クラシックモデルの空冷水平対向4気筒、6気筒エンジンに対応した新商品となる。

新商品は20W-50と10W-60の2種類のグレードを用意。同社では、356、914および初期の911モデル(2.7リッターまでのGモデル)には20W-50の粘度を持つマルチグレードオイルを推奨。同オイルは、あらゆる温度環境において理想的な保護性能を持ち、コルク製シールや鉛を含有するベアリングにも適合する。

ドライサンプ潤滑方式を持つ3リッター以上の空冷水平対向エンジンを搭載した911モデルには、最新のオイル技術のメリットを享受できる10W-60の粘度を持った100%化学合成オイルが最適。エンジンスタート時の低温状態や、大きな負荷がかかる高温状態でも、これらのエンジンに理想的な保護性能と清浄性を発揮する。

新商品は、研究所と公道でテストを重ね、クラシックエンジンに用いられている合金やシール剤に合わせて開発。さらに、高温域での優れた柔軟性と安定した保護性能を発揮し、理想的な耐摩耗性と耐食性を提供する。また、クラシックポルシェをモチーフとしたオイル缶は、ヴァイザッハのポルシェデザインスタジオでデザインした。

価格は20W-50が1リッター2376円、同5リッターが1万152円。10W-60が1リッター3132円、同5リッターが1万3608円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集