ボルボ FHを日本市場投入…ソウルで発表イベント開催

自動車 ニューモデル 新型車

新型ボルボFH。「一世代先の車の良さがわかる人に乗ってほしい」と関原氏
  • 新型ボルボFH。「一世代先の車の良さがわかる人に乗ってほしい」と関原氏
  • 発表会場は丘の上の広場に設置されたドーム型の特設会場
  • UDトラックス国内販売事業最高責任者 村上吉弘氏
  • ボルボ・トラック・ジャパン ダイレクター 関原紀男氏
  • ダンスパフォーマンスで盛り上げる
  • 村上氏と関原氏
  • 招待されたディーラーやユーザー全員での記念撮影
21日、ボルボトラックは新型ボルボ『FH』を今月からアジア地域でも販売開始するとし、さらに日本市場へは夏ごろの投入になると発表した。

この発表と同時に、韓国・ソウル市内にて日本国内のディーラーやユーザーを50名ほど招待しFHの試乗・説明会を開催。ボルボ・トラックの主力車種となるFHは、グローバルで重量物輸送や大陸間長距離輸送などに定評があるモデルだ。今回アジア各国および日本に投入されるモデルは、2012年9月に欧州市場で発表されたフルモデルチェンジ車両をベースにして国ごとに仕様変更が加えられる。

当日行われたレセプションでは、UDトラックス国内販売事業最高責任者 村上吉弘氏が挨拶し、「セウォル号」の事故に対して全員で黙とうを行い哀悼の意を表した。ボルボ・トラック・ジャパン ダイレクター 関原紀男氏は、新型FHについて「ドライバー不足に悩む運送業界に、一世代先をいく車を提供し、たのしい職場環境を実現してほしい」と、国内市場投入の意気込みを語った。

なお、国内市場投入が夏となっているのは、日本仕様のドアミラー、内装の素材、補器類など国交省の型式認定が取れ次第になるためで、現段階では何月と名言することができないそうだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集