東京モノレール、ポイント更新で7月運休…大型クレーンで取り換え工事

鉄道 企業動向

東京モノレールは7月5日夜から6日昼にかけ、浜松町駅構内のポイント更新工事のため、浜松町~昭和島間で列車を運休すると発表した
  • 東京モノレールは7月5日夜から6日昼にかけ、浜松町駅構内のポイント更新工事のため、浜松町~昭和島間で列車を運休すると発表した
  • 東京モノレールは7月5日夜から6日昼にかけ、浜松町駅構内のポイント更新工事のため、浜松町~昭和島間で列車を運休すると発表した
東京モノレールはこのほど、浜松町駅構内のポイント設備更新に伴い7月5日夜~6日昼にかけて浜松町~昭和島間で列車を運休すると発表した。200tの大型クレーンを使うポイント取り換え工事は「通常の保守作業時間では施行できない」(東京モノレール)ため、作業時間を拡大して行う。

浜松町~昭和島間で列車を運休する時間帯は、7月5日の20時から6日の12時まで。運休となる区間では代行バスを運行し、昭和島~羽田空港第2ビル間では列車の折り返し運転を行う。折り返し運転区間は上り・下りとも全列車各駅停車で、1時間に5本程度運転する。折り返し運転とバスによる代行輸送のほか、JR線・京急線・都営線・りんかい線への振替輸送も実施する。

悪天候などにより工事が延期された場合は、7月12~13日の同時間帯に実施する。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集