【マツダ アクセラスポーツ15S 4WD 試乗】安定感はFFの上、な生活4駆…島崎七生人

試乗記 国産車

マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
  • マツダ アクセラスポーツ15S 4WD
生活4駆。そうそうそんな呼び方が昔あった……と思い出した。とはいえそこは最新の『アクセラスポーツ』の一員。走りの質とレベルが昔とはまったく違う。

試乗車は「15S」グレードで、1.5リットルエンジンを搭載、「15C」では選べない各種オプション(スマートシティブレーキサポートほか)が選択可能なのが特徴。タイヤサイズは205/60 R16 92V(BS ECOPIA EP150)で、マルチリンク式リヤサスペンション(スタビライザーは非装着)はFF車と共通。車重はFF車+80kgの1350kg(前/後=810/540kg)。

走らせて実感したのは“ちゃんとアクセラスポーツになっている”ということ。「降雪地帯など限定的なニーズを想定したグレード。サスペンションなどラインアップ他車のそれらを組み合わせて選び設定した」(マツダ)という。が、FFより後ろよりの荷重がむしろ奏功し、乗り味はフラットで重厚。16インチタイヤにも無理がなく、コーナリング中の安定感もFFの上をいく。

6速ATと組み合わせられたエンジンも、オルガン式アクセルペダルをジワジワと踏む込む走り方でも十分にスムースに加速。必要に応じてキックダウンを効かせればこと足りる。FFモデルと直接比較すると、音や振動にほんの僅かだけ差があるものの、それらは“健全にクルマが走っている感”を伝えてくるものと理解できるレベルの事象だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集