日産、フェアレディZ ロードスター の日本モデル生産中止を発表

自動車 ビジネス 企業動向

日産 フェアレディZ ロードスター
  • 日産 フェアレディZ ロードスター
  • 日産・フェアレディZ ロードスター(2013年モデル)
  • 日産・フェアレディZ ロードスター(2013年モデル)
  • 日産・フェアレディZ ロードスター(2013年モデル)
  • 日産・フェアレディZ ロードスター(2013年モデル)
  • 日産・フェアレディZ ロードスター(2013年モデル)
  • 日産・フェアレディZ ロードスター(2013年モデル)
  • 日産・フェアレディZ ロードスター(2013年モデル)
日産自動車は5月22日、『フェアレディZ』の2シーターオープンモデル「ロードスター」の日本モデルの生産を、今年9月末受注分をもって終了すると発表した。

フェアレディZ「ロードスター」は、2009年10月に、ラインナップに追加したモデル。ショートホイールベース化と大幅な軽量化、さらに3.7リットル「VQ37VHR」エンジンを搭載することにより、フェアレディZとしての極めて高い運動性能を実現している。

発売以降、2014年4月末までの累計国内販売は798台。優れた動力性能と流麗なデザインで、スポーツカーファンの支持を得ているが、今後は、基準車の進化に注力するとともに、今後発表を予定している新型「フェアレディZ NISMO」を含めた、フェアレディZ全体の商品力向上を進めていく。

なお、フェアレディZ NISMOの車両詳細情報は、今夏に発表。エクステリアデザイン刷新による空力特性の最適化や、前後のダウンフォースのバランス最適化により、高速域でのハンドリング性能を向上した、ブランドを牽引するモデルとなる予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集