英トヨタ、ハイブリッド車の累計販売が10万台…14年で達成

エコカー ハイブリッド

トヨタのハイブリッド車の英国累計販売10万台目となったオーリス
  • トヨタのハイブリッド車の英国累計販売10万台目となったオーリス
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド
  • トヨタ ヤリスハイブリッドの大幅改良車
  • トヨタ プリウス+
トヨタ自動車の英国法人、トヨタUKは5月19日、英国でのハイブリッド車の累計販売台数が、10万台に到達したと発表した。

2000年10月、英国国際モーターショーにおいて、トヨタは初代『プリウス』の英国発売を宣言。それから14年を経て、英国のハイブリッド車の累計販売台数が、10万台に届いた。

現在、トヨタは英国で、6種類のハイブリッド車をラインナップ。プリウス、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)、『オーリス』、『オーリスツーリングスポーツ』、『プリウス+』(日本名:『プリウスα』)、『プリウスPHV』。

このうち、オーリスとそのワゴン版、オーリスツーリングスポーツのハイブリッドは、地元英国のバーナストン工場で生産されている。

記念すべき英国10万台目のハイブリッド車は、『オーリス ハイブリッド』で、法人の顧客に納車される予定。トヨタUKは、「社有車のハイブリッドに対して、優遇税制がある。また、維持費の安さと信頼性の高さも、大きなメリット」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集