BMW 7シリーズ 次期型、カーボンファイバーで軽量化へ

自動車 ニューモデル 新型車

現行BMW 7シリーズ
  • 現行BMW 7シリーズ
  • 現行BMW 7シリーズ
  • 現行BMW 7シリーズ
ドイツの高級車メーカー、BMWのフラッグシップサルーン、『7シリーズ』。同車の次期型が、大幅な軽量化を目指していることが分かった。

これは5月15日、BMWグループがドイツで開催した年次株主総会の席で、明らかにしたもの。同社のノベルト・ライトホーファー取締役会会長は、「次期7シリーズには、カーボンファイバーを使用する」と公表している。

BMWグループは、電動化技術に特化した新ブランド、「i」の市販車の『i3』と『i8』へ、軽量化を目的にカーボンファイバーを導入。また、高性能車のMカーの一部車種には、カーボンファイバー製ルーフを標準装備している。

BMWは次期7シリーズに、これらのモデルのノウハウを生かしたカーボン技術を積極採用する方針。ノベルト・ライトホーファー取締役会会長は、「次期7シリーズの軽さは、セグメントで極めて高い基準を打ち立てることになるだろう」とコメント。

現行7シリーズは日本仕様の場合、車両重量は最も軽い「740i」で1980kg、最も重い「760Li」で2290kg。カーボンファイバーの使用により、次期型がどこまで軽量化を果たすか注目される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集