GM、米国で新型リチウムイオンバッテリーを生産…スパークEVに搭載

自動車 ビジネス 企業動向

GMのシボレー スパーク EV
  • GMのシボレー スパーク EV
  • GMのシボレー スパーク EV
  • GMのシボレー スパーク EV
  • GMのシボレー スパーク EV
米国の自動車最大手、GMは5月14日、米国ミシガン州のブラウンズタウン工場において、新型リチウムイオンバッテリーの生産を行うと発表した。

ブラウンズタウン工場では2010年1月、リチウムイオンバッテリーの生産を開始。GMは2009年8月、同工場に4300万ドルを投資して、製造ラインを整備。米国では、GMがリチウムイオンバッテリーを自社生産する最初の主要自動車メーカーとなった。

同工場製のリチウムイオンバッテリーはまず、シボレーブランドのプラグインハイブリッド車(PHV)、ボルトに搭載。ボルトは2010年末、米国市場で発売されている。その後、ボルトの兄弟車のオペル『アンペラ』、キャデラック初のPHV、『ELR』にも採用。

今回、GMは、ブラウンズタウン工場において、新型リチウムイオンバッテリーの生産を行うと発表。これは、2015年モデルのシボレーのEV、『スパークEV』に搭載するのが目的。

スパークEVは 2015年モデルで、リチウムイオンバッテリーを新設計。2014年モデルに対して、蓄電容量を19kWhに引き上げ、燃費効率を改善。バッテリー単体重量も2014年モデル比で、およそ40kg軽量化している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集