【プジョー 2008 試乗】高い機能性とお洒落なデザインには心動くのだが…中村孝仁

試乗記 輸入車

プジョー・2008
  • プジョー・2008
  • プジョー・2008
  • プジョー・2008
  • プジョー・2008
  • プジョー・2008
  • プジョー・2008
  • プジョー・2008
  • プジョー・2008
プジョーの主力モデル、『208』をベースにクロスオーバー化したモデルがこの『2008』である。広い室内空間と使い勝手に優れた機能性がこのクルマの売りである。

プジョーといえば、かつては猫足、それに活気あふれる走りと正確なステアリングフィールを特徴としていた。しかしながらこのメーカー、なかなか頑固なところがあって、一度良しとしたものをなかなか変えない。つい最近までATを4速で済ませてきたのも、そうした表れ。まあ、初期投資を回収するまで変えられないというお家の事情であったかもしれないが…。その4速ATに代わって登場したのが今回のETG5(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)という電子制御マニュアルである。これは新しい3気筒のエンジンとともにピュアテックと名付けられたドライブトレーンを構成する。

3気筒エンジンの方はすでに208に搭載されて一足先にデビューしていた。はじめはマニュアルミッションとのみ組み合わされていて、机上の数値ではたったの82psしかないのに、その走りときたらきびきび感満載で、さすがはプジョーとうならせたものだ。翻って今回のピュアテックである。もしダメ出しをするとしたら、このドライブトレーンだけだ。

何がいけないって、やはりシングルクラッチの電子制御マニュアルETG5である。もっともこの種の電子制御デバイスは、マップの書き換えひとつで大きく性能を変えるから、その次の一手に期待したいが、現状ではシフトアップのタイミングが緩慢すぎる。非常におっとりとしたドライバーが静かに走る場合、ETG5はとてもスムーズな変速を繰り返し、何の不満もない。だがちょっとでも早く走ろうとするとクラッチの断続による空走時間が長くトルク変動が生じてうまく走れない。変速を促すためにアクセルから足を離してやっても無駄な作業だった。それに、発進時もよほど注意しないと大きなショックを伴うし、とりわけ渋滞などののろのろ走行ではコンピューター自体がどこに繋いでよいやら迷っているようである。多くのメーカーが今やツインクラッチを使っている理由はそこにあるのだが、敢えてシングルクラッチで行くならこの制御をもっとうまくやってもらいたいものだ。少し厳しい意見かもしれないが、僕はそう思う。

一方で、機能面では大型化したボディとかさ上げした車高のおかげで、視認性も高いし室内空間にもゆとりがある。プレミアムと名付けられた下級グレードはパノラマルーフを持たない代わりに、夜になるとLEDのイルミネーションが付くルーフを持つなどお洒落感覚はフランスならでは。車高が高く、高さ方面にゆとりがあるためか、208で気になっていたメーターの視認性も何とかクリアできる。ワンタッチでシートを倒すと完全なフラットフロアを構築するあたりもなかなかの出来栄えだ。


■5つ星評価
パッケージング ★★★★
インテリア居住性 ★★★★
パワーソース ★★
フットワーク ★★★★
おすすめ度 ★★★

中村孝仁|AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来36年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。
《中村 孝仁》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集