フィアット 500 のEV、米国でリコール…パワーインバータモジュールに不具合

自動車 テクノロジー 安全

フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
フィアット『500』をベースに開発され、米国市場で販売されているフィアット『500e』。このフィアット500のEV版が、米国でリコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは5月9日、フィアットと提携関係にあるクライスラーグループが明らかにしたもの。同社は、「フィアット500eのリコールを実施する」と発表している。

今回のリコールは、500eのパワーインバータモジュールの不具合が原因。クライスラーグループによると、フィアット500eに走行中、パワーロスが生じる不具合が見つかったという。

クライスラーグループは、米国で販売したフィアット500eの4141台について、パワーインバータモジュールを交換するリコール作業に着手する予定。対象となるのは、2012年9月下旬から、2014年4月上旬にかけて生産された2013-2014年モデル。

クライスラーグループは、「5件の不具合が発見された。この不具合による事故や負傷者の報告はない」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集