マセラティ、アルフィエーリを2016年に市販へ…新型2+2クーペ

自動車 ニューモデル 新型車

マセラティ アルフィエーリ
  • マセラティ アルフィエーリ
  • マセラティ アルフィエーリ
  • マセラティ アルフィエーリ
イタリアの高級車メーカー、マセラティが2014年3月、ジュネーブモーターショー14で初公開したコンセプトカーの『アルフィエーリ』(ALFIERI)。同車の市販化が決定した。

これは5月6日、クライスラーグループとフィアットの統合で生まれた新会社、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)が発表した中期経営計画、「2014‐2018ビジネスプラン」で明らかにされたもの。マセラティは現在、フィアットの傘下にある。

この2014‐2018ビジネスプランは、2014年1月に両社の統合で生まれたFCAが、今後5年間の成長計画を提示したもの。この計画の中で、「マセラティが2016年をメドに、アルフィエーリを市販する」と発表している。

アルフィエーリは、グラマスラスなボディラインを備えた2+2クーペのコンセプトカー。アルフィエーリの車台は、現行の『グラントゥーリズモMCストラダーレ』がベース。ただし、ホイールベースは240mm短縮され、2700mmとした。ボディサイズは、全長4590×全幅1930×全高1280mm。

搭載エンジンは、『グラントゥーリズモ』用を基本にした4.7リットルV型8気筒ガソリン自然吸気ユニット。最大出力460ps/7000rpm、最大トルク53kgm/4750rpmを引き出す。トランスミッションは6速MCシフトで、トランスアクスルレイアウトを採用。

市販版のアルフィエーリはまず、2016年にクーペが登場。2017年には、オープンボディのカブリオが追加される予定となっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集