シュコダ、1.2リットル直4エンジンの累計生産300万基… VW ポロ などに搭載

自動車 ビジネス 企業動向

シュコダのチェコ・ムラダー・ボレスラフ工場で生産される1.2リットルエンジン
  • シュコダのチェコ・ムラダー・ボレスラフ工場で生産される1.2リットルエンジン
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは5月2日、1.2リットル直列4気筒ガソリンエンジンの累計生産台数が、300万基に到達したと発表した。

シュコダは1899年、チェコのムラダー・ボレスラフ工場において、エンジンの生産を開始。現在はシュコダのみならず、アウディやセアトなどフォルクスワーゲングループの小型車用エンジン&ギアボックス生産拠点として稼働している。

同工場の主力エンジンが1.2リットル直列4気筒ガソリンエンジン。シュコダでは『イエティ』などに、このエンジンを搭載。フォルクスワーゲンでは、『ポロ』などにも広く採用されている。

同工場では、この1.2リットル以外に、1.4リットル直4ガソリン、2.0リットル直4ターボディーゼル「TDI」などを製造。今回、2001年から生産が開始された1.2リットル直列4気筒ガソリンエンジンの累計生産台数が、300万基に到達した。生産開始から13年での記録達成となる。

シュコダのMichael Oeljeklaus 生産担当取締役は、「およそ115年に渡り、エンジンを生産してきた。自動車産業において、シュコダは最も長くエンジンの開発・生産を行っているメーカーのひとつ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集