【ジープ チェロキー 新型発表】インテリアのテーマは一言、クラフトマンシップ

自動車 ニューモデル 新型車

ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
  • ジープ・チェロキー
新型ジープ『チェロキー』のインテリアのテーマは、一言“クラフトマンシップ”だという。

クライスラーグループインターナショナル プロダクト&プログラム プロダクト・プランニング・マネジャーのエイドリアン・ヴァン・カンペンハウトさんは、「ジープ伝統のクラフトマンシップを尊重しつつ、ソフト素材のドアトリムやダッシュを取り入れ、そこにステッチなどを配した」と述べる。

さらに、ジープのデザインモチーフも取り入れられた。「センターコンソールの形状は1941年のウイリス『ジープ』のフロントデザインをモチーフとしている。また、メーターもウイリスの当初のメーターからインスパイアされた。そして、遊び心として、パークアシストの表示には2台のウイリスジープが登場する」という。

インテリアでクラフトマンシップを重要視した理由についてエイドリアンさんは、「ジープブランドのラインナップ全体として、一貫したイメージを強く持たせることが、最終的にはユーザーの期待値を上回ることにつながるのだ。そこで、グランドチェロキーでこだわったクラフトマンシップを、そのほかのモデルでも取り入れたのだ」と説明。

そして、「ミッドサイズSUVセグメントは、非常に人気のあるセグメントだが、その中で、新型チェロキーは好評価で、販売も好調に推移していることから、この戦略が成功したことを証明している」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集