【北京モーターショー14】ホンダ Concept B…若者層に向けたハッチバックスポーツ [詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
  • 北京モーターショー2014 ホンダ Concept B
北京モーデーショーでワールドプレミアされた『Concept B』は、中国市場向けに専用開発されたコンパクトクラスのハッチバックコンセプト。

斜め前からのアングルでは一見オーソドックスな3BOXセダンに見えるが、リア回りはなだらかにスラントした5ドアハッチバックデザインとしてスポーティなスタイリングと積載性を両立。ホンダでは、このコンセプトモデルをベースとした量産車を2016年に発売する予定だ。

ホンダ系列のセダンタイプで価格を比較すると、広汽ホンダは『シティ』が9万元から16万元、『クライダー』が約11.5万元から15万元、アコード(日本の現行型『アコード』と同型、ただしガソリンモデルのみ)が18万元から30万元。東風ホンダの『スピリア』(日本の旧型『アコード』)が21.6万元から26.6万元、『シビック』(タイプS)が18.6万元、5ドアスポーツハッチの『ジェイド』が15万元から18.4万元、『インサイト』が21万元。

本田技研工業(中国)投資有限公司の総経理・倉石誠司氏はモーターショーでの会見で、「このクラスであれば、10万元を切るところから上は15万元(250万円)までが主流」と述べていることから、10万元台前半の価格帯で設定されるとみられる。

なおこの価格帯には、広汽ホンダの『シティ』(9万元から16万元)、東風ホンダの『シビック』(13.2万元から18.6万元)がある。東風ホンダには、かつての『アコードエアロデッキ』や『アヴァンシア』を思わせる流麗なデザインと広い居住性を売りにする『ジェイド』(15万元から18.4万元)があるが、広汽ホンダにはこのクラスに適当なスペシャリティカーがない(『CR-Z』は輸入車のため28.8万元と飛び抜けて高価)。シティからの上級移行ニーズに応えるモデルとして位置づけられる可能性もありそうだ。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集