【ニューヨークモーターショー14】ダッジ チャレンジャー 2015年型に「スキャットパック」…サーキット仕様

自動車 ニューモデル 新型車
ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
  • ダッジ チャレンジャー スキャットパック シェイカー
米国の自動車大手、クライスラーグループのダッジブランドは4月16日、米国で開幕したニューヨークモーターショー14において、2015年モデルの『チャレンジャー』をワールドプレミア。同時に、「スキャットパック」を設定すると発表した。

ニューヨークモーターショー14で初公開された2015年モデルは、現行チャレンジャーにとって、初の大幅改良車。内外装のリフレッシュや新しいパワートレイン採用などを行った。

2015年モデルに設定されるのが、スキャットパック。サーキット走行志向の顧客向けに用意されるもので、スキャットパックとスキャットパック・シェイカーの2種類がラインナップされる。

スキャットパックでは、6.4リットルV型8気筒ガソリンエンジン「HEMI」を標準搭載。最大出力485ps、最大トルク65.7kgmを引き出す。トランスミッションは6速MTまたは新開発の8速AT。ブレンボ製ブレーキと20インチアルミホイールも標準となる。

スキャットパック・シェイカーでは、6.4HEMIに加えて、5.7リットル V型8気筒ガソリンエンジン「HEMI」も選択可能。最大出力は375ps、最大トルクは56.7kgm。0-96km/h加速は5秒台の実力だ。スキャットパック、スキャットパック・シェイカーともに、アグレッシブな外装に仕立てられる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集