住友商事、世界最長レール対応の輸送船を建造

鉄道 企業動向
長尺レール輸送船の外観。新日鐵住金が製造・出荷体制を整えた世界最長の150mレールの輸送に対応する。
  • 長尺レール輸送船の外観。新日鐵住金が製造・出荷体制を整えた世界最長の150mレールの輸送に対応する。
  • 新日鐵住金が製造・出荷体制を整えた150mレール。出荷時の長さとしては世界最長となる。
住友商事は4月23日、世界最長の鉄道用レールを運ぶ「長尺レール輸送船」の新造整備に着手したと発表した。

通常の鉄道用レールは最長50mに切断して出荷されているが、新日鐵住金は世界最長となる150mの鉄道用レールを八幡製鐵所で製造・出荷する体制をこのほど整えた。その一方、従来の船舶では構造的な制約から150mレールをそのまま搭載することができないため、住友商事は150mレールの輸送に対応した輸送船を建造することにした。

長尺レール輸送船は全長約190メートル、積載重量が2万3000t。155mの船倉(ホールド)と3基のクレーンを装備する。新来島どっくで建造され、今年8月に完成する予定だ。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース