トヨタ、タウンエース/ライトエース を一部改良…排出ガスをクリーン化

自動車 ニューモデル 新型車
タウンエース バン GL
  • タウンエース バン GL
  • トヨタ自動車・ライトエース トラック DX (2WD)
  • トヨタ自動車・ライトエース バン DX (4WD)
  • トヨタ・タウンエース トラック DX “Xエディション” (2WD)
  • TECS タウンエース トラック パワーリフト車 (2WD) (ホワイト)
トヨタ自動車は、『タウンエース』と『ライトエース』を一部改良し、6月2日より販売を開始する。

今回の一部改良では、エンジンの触媒の改良により、排出ガスをクリーン化。2005年排出ガス基準75%低減レベルの認定を取得し、2015年度燃費基準の達成とあわせ、全車エコカー減税措置の対象となる。さらに、バン(2WD・AT車)は2015年度燃費基準+10%を達成、既に同基準を達成しているトラックとあわせ、自動車グリーン税制の減税措置の対象となる。

また、バンにおいては荷室の機密性を確保できるプライバシーガラスを新設定。シート表皮は全車セミファブリックを採用し、フロント席ヘッドレストを分離式にするなど、快適性を向上させている。

あわせて、TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。

価格はタウンエース/ライトエースバンが156万6982円から208万5382円、同トラックが142万2655円から186万7418円。TECS・パワーリフト車が185万4655円から219万1418円。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース