【北京モーターショー14】メルセデスベンツ、コンセプト クーペ SUV 初公開…Mクラスのクーペを示唆

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
  • メルセデスベンツ コンセプト クーペ SUV
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは4月20日、中国で開幕した北京モーターショー14において、『コンセプト クーペ SUV』を初公開した。

コンセプト クーペ SUVは、『Mクラス』から近い将来派生する新型車を示唆したコンセプトカー。メルセデスベンツが競合車として意識するのは、BMW『X6』。『X5』のクーペ版のX6は、世界の顧客に受け入れられた。そこでメルセデスベンツも、Mクラスベースのクーペの開発に乗り出す。

コンセプト クーペ SUVのボディサイズは、全長4935×全幅2044×全高1739mm、ホイールベース2916mm。Mクラス(全長4810×全幅1925×全高1795mm、ホイールベース2915mm)と比較すると、コンセプト クーペ SUVの全高が、およそ60mm低いのが際立つ。

ルーフラインは、ボディ後部に向けて、緩やかにカーブ。筋肉質なボディラインを備えており、ワイドフェンダーの奥には、305/45R22サイズの大径タイヤを収めた。メルセデスベンツは、「リアエンドは、『Sクラスクーペ』に初めて導入したのと、同じデザイン手法」と説明する。

搭載エンジンは、新世代の直噴3リットルV型6気筒ガソリンを、2個のターボで過給したダウンサイジングユニット。最大出力333ps/5500rpm、最大トルク48.9kgm/1400-4000rpmを引き出す。トランスミッションは、9速ATの「9G-トロニック プラス」。駆動方式は、4WDの「4マチック」の最新版としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集