ダイハツ コペン 新型の派生ハッチバック、市販の可能性も

自動車 ニューモデル 新型車
昨年のジャカルタモーターショーに出展されたコンセプトカー『D-R Estate』
  • 昨年のジャカルタモーターショーに出展されたコンセプトカー『D-R Estate』
  • 『D-R Estate』は、リアがカーゴスペースとして十分な収容量を持つ
  • 乗車定員は2名であるのはコペンと同じだ
  • インパネ周りはコペンと同じになる模様
  • 昔の「ルノー5(サンク)」を彷彿させる迫力あふれるリアビュー
  • ダイハツ コペン 新型の派生ハッチバック、市販の可能性も
昨年9月に開催されたジャカルタモーターショー(インドネシア)で披露された『D-R Estate』。当時は、2011年の東京モーターショーで出展されたコペン後継コンセプトカー『D-X』の兄弟モデルと見られただけだったが、その市販化が検討されていることがわかった。

『D-R Estate』は、660ccエンジンを組み合わせたこれまでのDRと基本スペックは同様としながらも、コペンとは違って“2人プラス十分な実用性のカーゴスペース”を備えた新コンセプトカーとしてしているのが特徴。コペンに魅力を感じていながらも、カーゴスペースや、シート周りの融通性で購入をあきらめていた人も多いはず。『D-R Estate』なら、そうした問題も十分に解決できる。

次期コペンが2014年6月に発売される見込みとなった中、派生モデルとして『D-R Estate』が市販されるかどうかが大きな疑問として残っていた。そこで、先日メディア向けに開催された次期「コペン」の試乗会の席上、その市販化の可能性をダイハツ執行役員 上田 亨氏にぶつけてみた。

それによると、「当面は6月発売のコペンに全力を傾けていく。しかし、派生モデルとして(『D-R Estate』の)市販化も視野に入れて検討している」(上田氏)との回答。ただ、その時期は明言しなかった。

ジャカルタモーターショーの時点では市販化について一切触れていなかったが、『D-R Estate』が市販化される可能性は一段と強くなった。「コペン」に新たな魅力が加わるか、今後の動向を見守りたい。
《会田肇》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース