【三菱 ランエボ 生産終了】今でも人気高し、熟成の技術でWRCを席巻…3代目[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット

三菱 ランサーエボリューション III(GSR)
  • 三菱 ランサーエボリューション III(GSR)
  • 三菱 ランサーエボリューション III 4G63エンジン
  • 三菱 ランサーエボリューション III(RS)
  • 三菱 ランサーエボリューション III インタークーラー
  • 三菱 ランサーエボリューション III
  • 三菱 ランサーエボリューション III
  • 三菱 ランサーエボリューション III センターデフ
  • 三菱 ランサーエボリューション III(GSR)
3月末、三菱のスポーツカー『ランサーエボリューション』の生産終了が報道された。1992年の初代登場から20年あまり。WRC制覇など輝かしい足跡を残したランエボの歩みを写真で紹介する。

3代目(「III」)の登場は「II」の登場からちょうど1年後の1995年1月。IからIIはほぼ外観に変化はなかったが、3代目は大型リアスポイラーやサイドステップ、開口部を拡大したフロントバンパーなどで迫力あるエクステリアを身にまとった。

パワートレーンはキャリーオーバーだが2代目よりターボコンプレッサーと圧縮比の見直しを行い、高回転での出力向上を図った。その結果、最高出力は10ps上乗せした270psとなった(最大トルクは31.5kgmで変わらず)。

WRCではIIを超える成功を収めた。1995年から96年にかけ全14戦にエントリーし、6勝を挙げ、トミ・マキネンのドライバーズタイトル獲得(96年)の立役者となった。
《レスポンス編集部》

特集