JR西日本、大阪環状線3駅に発車メロディー導入

鉄道 企業動向
京橋駅の大阪環状線ホーム。3月15日から「大阪うまいもんの歌(ゆかいな牧場)」を発車メロディーとして導入する。
  • 京橋駅の大阪環状線ホーム。3月15日から「大阪うまいもんの歌(ゆかいな牧場)」を発車メロディーとして導入する。
JR西日本は3月7日、大阪環状線の森ノ宮・京橋・西九条3駅に発車メロディーを導入すると発表した。同社が進めている「大阪環状線改造プロジェクト」の一環。3月15日の初列車から導入する。

森ノ宮駅の発車メロディーは駅名の「森」にちなみ、「森のくまさん」を採用。西九条駅は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に向かう桜島線(JRゆめ咲線)の分岐点であることから、伝統的な米国の行進曲「アメリカン・パトロール」を採用する。

京橋駅は「大阪うまいもんの歌」(「ゆかいな牧場」の替え歌)に。「京橋駅とその周辺の『旨い』と『にぎやかさ』をイメージできる」(JR西日本)として採用する。

いずれも大阪環状線の現在の発車予告の前にメロディーを付ける。京橋駅のJR東西線・片町線(学研都市線)と西九条駅のJRゆめ咲線では導入しない。JR西日本は「駅ごとに異なるメロディを採用することで、お客様や地域の皆様に愛着を感じていただけるようになれば」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集