【ジュネーブモーターショー14】アップル、iPhoneとクルマを連携する CarPlay を初公開

自動車 テクノロジー Apple
iPhone5S(参考画像)
  • iPhone5S(参考画像)
米Apple社は、車内でiPhoneをより快適で安全に使うためのiOS新機能「CarPlay」を正式発表した。

iPhoneをCarPlayに対応したクルマに接続すると、連絡先にアクセスしたり、電話をかけたり、不在着信があった相手に返信したり、ボイスメールを聞いたりといったことがSiriの手助けで簡単にできるようになる。メッセージや通知を受け取ると、Siriが音声による指示に反応してメッセージの内容を読み上げたり、ドライバーが口頭で話したメッセージを書き起こして返事をしたり、電話をかけるといったアイズフリーの体験を提供する。

またマップと連動して、連絡先やメール、テキストメッセージから推測した最近の立ち寄り先をもとに行き先を予測することで、行き先の案内をより直感的にわかりやすくし、経路案内、道路状況、予想到着時刻を知らせる。

さらに、車に内蔵されたコントローラーやSiriに指示することで、ドライバーは自分が持っているすべての音楽、ポッドキャスト、オーディオブック、iTunes Radioにアクセスすることができる。

CarPlay対応モデルは、フェラーリ、メルセデス・ベンツ、ボルボから今週発表されるほか、ホンダ、三菱、日産、スバル、スズキ、トヨタ、BMWグループ、フォード、GM、ヒュンダイ、ジャガー・ランドローバー、起亜、PSA・プジョーシトロエンの各社が今後CarPlay対応車を発売する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集