米ホンダ、新レース専用エンジンを発表…3.5 V6 ツインターボ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダの米国モータースポーツ部門、HPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント)は2月20日、米国カリフォルニア州において、新型レース専用エンジンを発表した。

このエンジンは、ホンダの市販車用エンジン、「J35」型3.5リットルV型6気筒ガソリンユニットをベースに開発。「HR35TT」と命名された新エンジンは、モータースポーツ専用ユニットとなる。

エンジン名の「TT」が示すように、市販車用との大きな違いは、2個のターボチャージャー(ツインターボ)で過給される点。HPDによると、直噴化により、燃費性能も追求しているという。

この新エンジンは、米国で開催中のチュードル・ユナイテッド・スポーツカー選手権に参戦する「スターワークスモータースポーツ」に供給。第2戦のセブリング12時間耐久レースにおいて、実戦デビューを果たす予定。

HPDのスティーブ・エリクセン副社長兼COOは、「これはHPDと、チュードル・ユナイテッド・スポーツカー選手権に参戦するHPDのカスタマーチームにとって、エキサイティングなプログラム」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集